2009年12月24日木曜日

「前立腺肥大症の手術」について

ゲスト/ベテル泌尿器科クリニック 三熊 直人 医師

前立腺肥大症の手術について教えてください。
 今日はクリスマス・イブですね。イエス・キリストの生誕の時に、ベツレヘムの郊外で羊飼いたちに御使いたちが現れ、「見よ、すべての民に与えられる大きな喜びをあなた方に伝える」と前置きした後に救い主の生誕を告げました(出典ルカの福音書2章10節)。
 ところで、救い主の生誕と比較できるものではありませんが、新しい前立腺肥大症手術ホルミウム・レーザーを用いたHoLEP(ホーレップ:経尿道的前立腺核出術)の手術は、手術が必要な患者さんにとって、まさに福音(良い知らせ)です。
 HoLEP(ホーレップ)は、尿道内から前立腺の肥大した部分のみをくりぬくように切除するので、従来の前立腺肥大症手術に比べ、1)出血が極めて少ない、2)TURP症候群などの重篤な合併症は起こりにくい、3)術後の痛みが非常に軽い、4)入院期間が短くて済む、などといった特徴があります。

HoLEPは従来の手術よりリスクが低いのですか。
 例として当院での実績を挙げると、2005年1月から2009年11月までにHoLEPの手術件数が1100件で、そのうち輸血を必要としたのがわずか一例のみでした。術後の痛み止めも基本的に必要ありません。手術当日の夜には普通に夕食を食べることができ、翌朝には尿道留置カテーテルこそ入っていますが、通常どおり歩行できる場合がほとんどです。尿道カテーテルの留置期間はだいたい1~3日で、入院期間は患者さんの年齢、前立腺肥大の重症度によって異なりますが、だいたい5~10日間です。
 日進月歩の医学の発展によって、前立腺肥大症の治療薬も長足の進歩を遂げ、多くの患者さんが手術を回避できる時代になりました。しかし、その一方で10~20年前にはほとんど見ることのなかった、前立腺の推定重量が100~200gにも及ぶケースが増えてきています。また、軽い前立腺肥大でも、前立腺の形状によっては手術以外に治療の手立てがない場合も多く見受けられます。
 HoLEPは1990年代後半から欧米を中心に広がり、現在日本でも確実に広まりつつあります。身体への負担、再発のリスクが少なく、入院期間の短縮で実生活への影響も最小限で済みます。患者さんにとっては、まさに福音と言える手術です。