2008年11月26日水曜日

「年末年始を前に歯科検診を」について

庄内歯科医院 庄内 淳能 歯科医師

年末年始に歯が痛くなる方も多いそうですね。

 12月から1月にかけては、忘年会やクリスマス、正月と、飲んだり食べたりで寝不足になったり、忙しい日が続きます。日ごろ、きちんと歯のメンテナンスをしていないと、こういう疲れがたまった時に痛みが出ることが多いのです。
 しかし、歯科医院も年末年始は休みのところがほとんどで、救急病院に駆け込むことになります。
 そこで、12月の早い時期に歯科検診を受けておくと、簡単なものなら年内の治療完了が可能ですし、時間のかかる症状でも年末年始に痛まないような処置が取れます。現在、歯が痛むなどの自覚症状がなくても、かかりつけ医の検診を受けて安心してお正月を迎えましょう。
 また、受験生は勉強に打ち込むあまり、知らず知らずの間にかみしめていたり、歯ぎしりをしたりということがよくあります。その結果、歯が痛くなっては勉強に集中できません。大切な時期だからこそ、積極的な歯科検診をお勧めします。
 同時に歯並びのチェックなどもしてもらうと、進学、就職と環境が変わるまでにさまざまな対処が可能です。日本人のあごは細くなる傾向にあり、歯並びの悪い人が増えています。歯並びが悪いと虫歯や歯肉炎になる可能性も高く、学習や運動能力にも影響することもあります。

虫歯予防のためのケア方法を教えてください。

 大人も子どもも虫歯予防の基本は正しいブラッシングです。いくら時間をかけて磨いても正しい磨き方ができていないと、虫歯や歯肉炎になります。ブラッシングでは、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間など、汚れが残りやすい場所を注意して磨きましょう。歯間ブラシや糸ようじ、電動歯ブラシなども、正しく使えば有効です。かかりつけの歯科医に相談し、効果的な使用法を教えてもらいましょう。
 美容院や理容院に行く感覚で歯科医を定期的に受診すれば、汚れを落として虫歯の予防になります。虫歯が見つかったとしても、ごく初期のうちに治療できます。