2003年6月25日水曜日

「高血圧」について

ゲスト/秀愛会内科・消化器化クリニック 高梨 良秀 医師

高血圧について教えてください。

 血圧とは、血液が血管の壁に与える圧力のことをいい、心臓が収縮したとき動脈に掛かる血圧を最大血圧、心臓が拡張したときに動脈に掛かる血圧を最小血圧といいます。最大・最小血圧の一方でも正常値より高ければ高血圧と判断されます。高血圧状態が長く続くと血管や心臓に負担が掛かり、動脈硬化が進行し、脳出血、脳梗塞(こうそく)、心筋梗塞、大動脈瘤(りゅう)破裂、腎不全など命にかかわる合併症を引き起こすことになります。高血圧が恐ろしいのは、自覚症状に乏しく、中にはまったく出ない方がいることです。これといった症状が無いまま、ある日突然命を奪われるという危険があるのです。高血圧の原因は、遺伝的要素のほか、塩分の取り過ぎ、肥満、ストレスなど生活習慣が大いに関係しています。たかが高血圧と考えず、日常的な健康管理に気を配り、合併症を防ぐ必要があります。

高血圧や合併症は、どのように防げばいいのですか。

 高血圧の治療としては、早期であれば食事や運動など生活習慣を改めることで改善することがあります。それでも血圧が下がらなければ、投薬による治療が加わります。定期的に受診し、医師の指示に従って処方してもらってください。薬の減量、中止を自己判断で行うのは危険です。何より大切なのが、自身の血圧を正確に知ることです。日本人の場合、上が120~130、下が80以下が血圧の理想的な値と見なされています。血圧はさまざまな要因で変動し、病院へ行って外来で血圧を測っても、本来の血圧より高めに出てしまうことがあります。正確な血圧を知るためには、家庭での血圧測定が参考になります。さまざまな血圧計が販売されていますが、上腕で測定するものがより正確です。毎日2回、決まった時間に測定し、測定前の最低5分はできるだけ安静にしましょう。測定値は記録し、かかりつけの医師に見せ、治療計画の判断材料にします。さらに正確な血圧を計る24時間血圧計もあります。1日を通して血圧の変動をモニターするので、行動と血圧の関係、薬の効果などを詳しく知ることができます。血圧が心配な人は、1度測定してみるとよいでしょう。