2011年7月25日月曜日

「目の屈折矯正手術(レーシック)」

ゲスト/ 広域医療法人社団メディカルドラフト会 錦糸眼科 矢作 徹 医師

目の屈折矯正手術について教えてください。

 目の悪い方が視力矯正する方法としては、メガネやコンタクトレンズが一般的ですが、それらの着用にわずらわしさを感じ、裸眼で過ごしたいとの理由から、近年レーシックというエキシマレーザー装置を用いた矯正治療を選択する方が増えています。レーザー治療は角膜をレーザーで削り、角膜の屈折率を変え、網膜にピントを合わせて視力を矯正する手術です。手術といっても麻酔は点眼で行い、両眼15〜20分程度で終了するのが一般的です。ほとんどの場合、治療は日帰りで行い、当日は裸眼で帰宅することができます。
 現在にいたるまで数多くの症例が報告されている屈折矯正手術は、視力に悩む方にとって生活をより快適に変えてくれる新しい選択肢の一つですが、メリットだけではなくリスクも伴います。治療を希望される方は、カウンセリングや診察で十分に説明を受けて、治療の良い面だけでなく、起こり得る合併症や副作用についてもよく理解し、納得した上で治療に臨むことが大切です。
 手術は万人に共通して可能ということではなく、目の状態によっては治療が不適応となることもありますが、レーザー装置の進歩により、数年前では手術が難しかった方でも治療できるケースが増えています。まずは一度詳しい検査を受け、ご自身の目の状態を十分に知った上で手術を検討することをお勧めします。

術式など治療を受ける前に知っておきたいことを教えてください。

 屈折矯正手術にはいくつかの種類があります。レーザーの種類と照射のパターンにより料金は異なりますが、料金が高いほど見え方が良いというわけではありません。例えば、軽度の近視の方の場合、レーザーの性能の差が術後視力に影響を与えることはそれほど多くはありません。また、同じエキシマレーザーを用いても通常の照射方法に比べ、患者さん個々の目の状態に応じたカスタム照射で微細なゆがみを補正した方が見え方の質は上がることが一般的です。ただし、カスタム照射は角膜の切除量が増えるため、角膜の薄い方や強度の近視の方に対してはお勧めできません。近視の度数だけでなく角膜の厚さや形状などにより、個々の目に適した方法がありますので、初診検査時に医師に詳しくお尋ねください。
 治療費は自由診療となり、当院では両眼で15万〜33万円です。なお、費用は医療機関により異なります。