2002年8月28日水曜日

「幼児期からの虫歯予防」について

ゲスト/つちだ矯正歯科クリニック 土田康人 歯科医師

幼児期からの虫歯予 防は、どのような点に気をつければいいでしょうか。

 「8020運動」という言葉を聞いたことがあると思い ますが、自分の歯を80歳まで最低20本は残そうという運動です。そのためには、幼児 期からの歯を大切にする習慣が大切です。幼児期の歯を守るのは親の役目です。歯磨 きの徹底は虫歯予防の第一歩ですが、幼児の場合は自分で磨いても限界があります。 磨き残しが無いか必ず確認し、仕上げ磨きをしてください。毎食後に磨くのは習慣と して大切ですが、しっかり隅々まで磨くのは1日に1度でいいでしょう。寝る前に、 5分以上磨くようにしましょう。歯を磨くときのポイントは、歯と歯茎の間、奥歯の 凹凸がある部分など、虫歯になりやすい個所を集中的にあまり力を入れず、小刻みに ブラッシングすることです。歯磨き粉は、子どもが嫌がるのであれば使用しなくても かまいませんが、フッ素入りの歯磨き粉は使い続けることによって虫歯予防に効果が あるといわれています。

食生活など歯磨き以 外の注意点はありますか。

 おやつは時間を決めて与 えてください。ダラダラと食べさせるのが一番歯に良くありません。特に上に兄、姉 がいる場合、甘い菓子を食べるなど悪習慣がついてしまいがちです。おやつも、軟ら かいものより、繊維質のものや噛(か)み応えのあるものが、歯の健康には良いで す。飲み物はお茶や水を基本に。ジュースや炭酸水はかなりの糖分が入っています。 スポーツ飲料も同様です。最近、キシリトール入りのガムやタブレットなどの菓子が 出ていますが、キシリトールは天然素材の甘味料で虫歯菌によって発酵せず、虫歯の もとになる酸が発生しません。上手に利用すると、虫歯予防に役立ちます。また、3 カ月から半年に1度は歯科医で定期検診を受けると安心です。その際、フッ素塗布 や、虫歯になりやすい溝を埋めるシーラント(予防填塞=てんそく)、歯列矯正など 気になることは積極的に相談しましょう。気軽に通える専門医を見つけ、上手に付き 合うことも歯の健康を守る上での大切な要素です。