2019年11月27日水曜日

秋から冬の乾燥肌ケア

ゲスト宮の森スキンケア診療室 上林 淑人 院長

乾燥肌について教えてください。
 秋から冬にかけて寒い季節に、多くの人が悩まされる肌のトラブルといえば乾燥肌です。皮膚が乾燥して、カサカサした状態になり、ひどくなると白く粉をふいたり、ひび割れてうろこのようになったりします。ある程度乾燥すると、それだけでかゆみを伴い、掻(か)くと悪化して皮膚炎を起こす場合もあります(皮脂欠乏性湿疹)。
 皮膚表面を覆う脂分など、皮膚の潤いを保つ成分が、加齢などにより減ったり、不足したりすること、また、ストレスや疲労、ビタミン不足などによる肌荒れの進行が乾燥肌の原因です。外気や室内の乾燥、皮膚を強く洗いすぎるといった生活習慣なども外的な要因として挙げられます。
 乾燥してカサカサした皮膚は、目に見えない細かな傷がたくさん付いた皮膚ともいえます。これらの傷からいろいろな刺激物が入り込んでかゆみを起こし、さらなる皮膚トラブルの原因となります。放っておくとますます症状は悪化しますので、早い時期から治療することが大切です。

乾燥肌の治療と対策について教えてください。
 治療は、傷ついた皮膚の表面に潤いを与える保湿剤が中心となります。皮膚のダメージに応じて、かゆみや炎症を抑える薬を処方することもあります。ただの乾燥肌と思っていたら別の皮膚の病気が隠れていたというケースもあるので、自己判断に頼らず、専門医と相談の上で治療することをお勧めします。
 乾燥肌対策の最重要ポイントは、保湿クリームなどを小まめに塗り、皮膚の潤いを保つことです。1日1回塗るより、1日2回朝と夜(可能なら入浴後)に塗った方が保湿効果は高いという研究結果が出ています。「保湿剤を塗る量はどのくらい?」という質問をよく受けますが、1FTU(ワン・フィンガー・チップ・ユニット)という単位を目安にしてもらっています。これは人差し指の先端から第一関節までチューブから絞り出した量が薬0.5gで、両方の手のひらに塗る量に相当するという塗り方です。ローションの場合は手のひらの上に1円玉大が1FTUの目安です。塗る量が少し多いと感じるかもしれませんが、十分な量をしっかり塗ることで、期待する効果が得られやすくなります。感覚的には「保湿剤の油分で皮膚の表面が光る程度」「ティッシュペーパー1枚が皮膚に貼りつく程度」と覚えておくといいでしょう。