2019年5月29日水曜日

抗VEGF療法

ゲスト/ふじた眼科クリニック 藤田 南都也 院長

抗VEGF療法とはどのような治療法ですか。 
 眼科の治療は年々進化しています。近年始まった新しい治療法の一つが抗VEGF療法です。健康な状態では存在しない「新生血管」という異常な血管の増殖を抑える治療法です。
 治療は、眼球に直接抗VEGF薬を投与します。注射の前に点眼麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。投与の回数は病気の状態によりさまざまですが、毎月1回〜数カ月ごとに1回の治療を継続的に行い、効果をみながら間隔を延ばしていくのが一般的です。
 現在、保険適用のある抗VEGF薬は数種類ありますが、治療効果や副作用などを考慮しながら薬剤を選択します。これまで目の中にレーザーを当てて治療する必要があった状態や、治療法のなかった疾患に対し、より長く視力を保てるケースや、病状の進行を食い止められるケースが増えています。

主にどんな疾患に、どのような治療効果が期待できますか。 
 これまで「加齢黄斑変性」に対する治療法として知られてきました。早期なら視力の回復も期待でき、現在、第一選択の治療法となっています。近年、治療抵抗性のある(これまで有効であると科学的に証明されている治療法を行なっても、効果がみられなかったり、段々と効果が減弱し再発・再燃してしまう状態)がある「糖尿病網膜症」や「網膜静脈閉塞症」による黄斑浮腫にも有効であることが分かり、保険適用範囲が大幅に拡大されました。
 長期にわたる高血糖により、黄斑部に浮腫などを起こす糖尿病網膜症。従来、糖尿病網膜症は、網膜にレーザーを照射する光凝固術が標準的治療でしたが、正常な網膜の一部にもダメージを与えてしまうデメリットもありました。抗VEGF療法の適用で、患者さんの体への負担が少なく、黄斑浮腫を軽減できるようになりました。また、高血圧や動脈硬化に伴って起こる網膜静脈閉塞症にも、新生血管の発生の予防や浮腫の軽減に効果を望めます。
 複数回の治療が必要になることと、保険適用であっても自己負担がある程度必要なことには留意する必要がありますが、治療をあきらめていた患者さんにとって抗VEGF療法は新たな選択肢の一つとなっています。まずは十分医師と相談してほしいと思います。