2018年7月25日水曜日

関節周囲多剤注射(カクテル注射療法)

ゲスト/医療法人知仁会 八木整形外科病院 上田 大輔 医師

─カクテル注射療法とはどのようなものですか。
 人工膝関節置換術など整形外科領域の手術で、患者さんの満足度に著しく影響を与えるのが「手術後の痛み」です。術中は全身麻酔などによって痛みはありませんが、術後に麻酔がさめると痛みが出てきます。手術の傷跡の痛み、手術した部位の腫れによる痛みなど原因はさまざまですが、特に術後1、2日間が最も痛みの強い時期といわれています。
 手術後の痛みはある程度我慢するのが当たり前というのは古い考え方で、近年の臨床研究の結果から、術後の痛みをできるだけ緩和して、スムーズにリハビリを始めることが日常生活に早く戻る近道であることが分かってきました。術後に痛みが取れないと、機能の回復や改善に悪影響があることも分かっています。また、痛みからくる不安や心配は精神的な負担にもなります。
 そのため、整形外科医は手術後の痛みを抑えるためにさまざまな対策をしています。従来、背中から神経の近くにチューブを挿入する麻酔(硬膜外麻酔)や、患部に関連する神経に麻酔薬を注射するブロック注射が一般的でした。近年、「カクテル注射療法」と呼ばれる、関節の周囲に麻酔薬や炎症止めなどを混合した薬液を注射する処置が普及しつつあり、効果をあげています。

─カクテル注射療法について詳しく教えてください。
 術中、手術の傷を閉じる前に、患部の関節周辺の組織に局所麻酔薬やステロイド剤、抗生剤などの混合剤を直接注射するものです。カクテルとは、複数の薬剤を患者さんの症状や体質などに応じて組み合わせて使うという意味で、医療機関によって使用する薬剤や組み合わせの種類は異なります。術後の痛みが強いとされる人工膝関節置換術のほか、人工股関節置換術や骨切り術、前十字靭帯再建術などの手術にも用いられる、保険適用内の治療です。
 痛みが特に強いとされる2日間にしっかり効くというのが、カクテル注射療法の最大のメリットです。また、硬膜外麻酔のように体からチューブが出た状態にならないこと、ブロック注射のように運動神経まで抑制しないことから、術後のリハビリが円滑になるという利点もあります。
 これまで明らかな副作用は報告されていませんが、人工関節の周辺に注射をする場合は、糖尿病を合併している患者さんでは感染に注意する必要があります。

2018年7月4日水曜日

双極性感情障害

ゲスト/医療法人五風会 福住メンタルクリニック 宇佐見 誠 院長

双極性感情障害とはどのような病気ですか。
 双極性感情障害とは、かつて「そううつ病」と呼ばれた病態とほぼ同じです。うつ病のように、気分が落ち込んで、気力が湧かず憂うつな「うつ状態」が続くだけなく、うつ状態とは逆に、気分が高揚し、発言や行動が活発で抑制がきかなくなりがちな「そう状態」にもなります。多くの場合、うつ状態とそう状態が交互に出現し、これらが数週間、数カ月続きます。
 うつ状態のときは、何をするのも億劫(おっくう)で集中力がなく、悲観的になりやすいです。睡眠が十分に取れなかったり、食欲もなく疲れやすくなったりもします。また、そう状態のときは、いわば空元気で、気が大きくなり浪費したり、普段にない高飛車な物言いで周囲の人とのトラブルになったりする場合もあります。ちょっとしたことでイライラして怒りっぽくなる人もいます。
 病気の原因はまだ十分に解明されていませんが、双極性感情障害と診断される人は、近親者の中にも同じ病気になっている人が多く、遺伝が強く関係するとされています。

診断や治療について教えてください。
 双極性感情障害は初めに症状が出現するときはうつ状態を呈することが多く、発症時はうつ病なのか双極性感情障害なのかわからない場合も多々あります。経過中に明らかなそう状態が出現して初めて双極性感情障害という診断になりますが、そう状態の症状が軽いときは、自分では本来の調子の良さと誤解してしまいがちですし、周囲も気付きにくいです。なかなか治らないうつ病と思っていたら、実は双極性感情障害だったというケースも多いです。
 うつ病と双極性感情障害では治療がまったく異なるので、専門医による鑑別診断は非常に重要です。双極性感情障害の治療の柱となるのは薬物療法です。気分の変動を改善・予防する気分安定剤を用いて、うつ状態とそう状態の波をうまくコントロールすることが目標となります。
 継続的な治療が重要な病気ですが、元気に回復した人や、症状や気分をコントロールしながら普通の人と変わらない日常生活を送っている人もたくさんいます。「どこか調子がおかしいな」「今までと様子が違う」など、気になる症状がある人や、周囲が患者さんの不調に気付いた場合は、ためらわず近くの精神科・心療内科を受診してみてください。