2017年12月27日水曜日

手湿疹


ゲスト/宮の森スキンケア診療室 上林 淑人 院長

手湿疹とはどのような病気ですか
 日常生活の中で、私達は特に意識はしていなくても常に手を使っています。手を使うことで、さまざまな刺激を手に受けることになります。それによって手に起こる湿疹が「手湿疹」です。もっとも身近な皮膚疾患の一つといえます。
 手湿疹の症状は、指先や指腹、手のひらの乾燥、亀裂といった荒れ肌となるタイプ(進行性指掌角皮症)の頻度がもっとも高く、その他、かゆみの伴う小さい水泡が多発し、かさつきや皮がむけてくるタイプ(異汗性湿疹)、手や指の背側がかゆみを伴い湿ってジクジクするタイプ(貨幣状湿疹)などがあります。以上のタイプが混在する場合もあります。
 手湿疹の原因は多種多様ですが、原因の約7割を占めるのが物理的・化学的な刺激です。最も代表的なのは水仕事で、庭仕事や陶芸なども原因となります。見落とされがちですが、日常生活で使うパソコンのキーボードやゲーム機のコントローラー、スマホや楽器などの使用による刺激が原因となることも多いです。アトピー性皮膚炎をお持ちの方は、刺激に敏感で手湿疹を起こしやすく、また増悪しやすい傾向がありますので注意が必要です。また、化学物質などのアレルゲンに対するアレルギー反応が原因となる場合もあります。例えば、ゴムやビニール手袋、アクセサリーやスマホの金属部分、職業と関連するもので、パーマ液やヘアカラー(ヘアダイ)、食品に含まれるタンパク質などが手に触れた際に起こるアレルギー反応が原因となります。

治療と予防について教えてください。
 治療はステロイド外用薬の使用が基本になります。ステロイド外用薬には多種あり、薬効の強弱がありますので、症状の強さ、部位などを考え、使い分けます。また補助的な治療として、手の乾燥に対するヘパリン類似物質含有や尿素含有の保湿剤の併用、亀裂やジクジクに対する亜鉛化軟膏などの併用が効果的です。かゆみが強い場合は、抗アレルギー剤の内服なども併用されます。症状が長引く時は、原因を把握し取り除くことが大切です。
 空気の乾燥が進む冬は、かさつきやひび割れなど手荒れに悩まされる季節です。ゴム手袋の着用などで水や洗剤に触れる時間をなるべく短くして、水仕事や手洗いの後にハンドクリームなどでこまめに保湿することが一番の予防法です。