2016年5月25日水曜日

舌突出癖と筋機能療法


ゲスト/E-line矯正歯科 上野 拓郎 院長

舌突出癖とはどのようなものですか。
 お子さんの成長とともに、歯とその歯並びは大きく変化します。一般的に歯並びが悪くなる原因を大きく分けると遺伝的な要因と後天的な要因とがあります。遺伝的な要因としては、歯の大きさや形、顎の骨の発育の仕方など、後天的な要因には、乳歯を早期に失ってしまった場合や、逆に永久歯が生えてきているにもかかわらず、乳歯やその歯根が残ってしまっている場合などがあります。そのほか、生活上の習慣や癖も歯列の乱れやかみ合わせを悪くする原因となります。その一つが「舌突出癖」です。
 舌突出癖とは、歯を舌で裏側から押したり、上下の前歯の間に舌を挟んだりする舌の癖のことです。歯ならびは、口のまわりや頬の筋肉の外側から押す力と舌が内側から押す力のつり合った位置に安定します。舌の悪い癖はこのバランスを乱すため、例えば、前歯のすき間に舌を入れることで、前歯の成長が妨げられ、上の歯が短くて下の歯に届かず、かみ合せようとしてもすき間ができる開咬(かいこう)を引き起こしたりします。歯は余計に力がかかった方向へと徐々に移動していくため、舌の力で前歯が出てしまうなど、開咬以外にもさまざまな不正咬合の原因となるのです。
 舌突出癖を放置すると悪化して治療が難しくなり、発音障害や顔の表情が不自然になるなどの問題が起こります。永久歯全体のかみ合わせの異常につながる恐れもあります。

舌突出癖の改善について教えてください。
 舌の癖の改善には、舌の動かし方などを訓練する筋機能療法(MFT)があります。舌や口唇などの口腔周囲筋をトレーニングするプログラムで、咀嚼時や嚥下時、発音時の舌の位置の改善や呼吸をはじめとした口腔機能の改善効果が期待できます。舌突出癖があると、歯列矯正が順調に進まなかったり、矯正治療後に後戻りすることがあるため、矯正治療を成功させるためにMFTの併用が必要なケースも多いです。また、MFTのみで不正咬合がある程度改善する場合もあります。
 普段から口を開けていることが多い、舌を出すなど食べ方がおかしい、きちんと発音できない言葉があるといった時には、舌突出癖など口の中に何らかの問題があるかもしれません。気になる点については、ぜひ矯正歯科医に相談してください。

2016年5月18日水曜日

社交不安障害


ゲスト/特定医療法人北仁会  いしばし病院 内田 啓仁 医師

社交不安障害とはどのような病気ですか。
 近年、ストレス性のうつ病をはじめ、パニック障害などのストレス関連疾患が急増していますが、社交不安障害(SAD)もその一つです。
 SADは、人前で話をするなど注目を浴びる行動に不安を感じ、顔が赤くほてる、脈が速くなる、息苦しくなるなどの症状が現れる病気です。人から注目を集める場合に不安を感じることは誰にでもあり、それを“あがり症”などと呼びますが、SADの人は常に「悪い評価をされるのではないか」「笑い者にされるのではないか」という不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。SADのため、他人との関わりがつらくなり、不登校や出社拒否、自宅に引きこもるなど、社会生活に支障を来すケースも多いです。また、うつ病やパニック障害、アルコール依存症の併発などさらなる精神疾患の引き金となることもあります。
 SADは実はとてもポピュラーな病気ですが、気持ちの問題か、心の病気か、一見しただけでは見分けがつかないのも特徴的な一面です。「内気な性格」「引っ込み思案」などと思い込み、診療の機会を失ったまま過ごしている人が多い病気でもあります。

治療について教えてください。
 SADの治療法には大きく二つ、薬物療法と精神療法があります。薬物療法では、不安や恐怖を感じる原因とされる脳内物質のバランスを保つ薬・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を第一選択で用いるケースが多いです。そのほか、ベンゾジアゼピン系抗不安薬やβ遮断薬などを併用し、不安時の身体症状の緩和を図ります。精神療法では、物事の受け止め方のゆがみや偏りを気付かせ、修正していく「認知行動療法」や、不安が生まれる状況にあえて飛び込んで、段階的な目標に沿って徐々に身を慣らしていく「暴露療法」などが有効です。同時に適度な有酸素運動などの生活指導、呼吸法やリラックス法など不安状況への対処法の指導も行われます。
 SADは次第に認知されてきましたが、まだ十分に知られていない病気です。何より重要なのは、SADは単なる性格の問題ではなく、治療可能な心の病気だと理解することです。「SADかな」と思い当たることがあれば、思い切って心療内科や精神科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

2016年5月11日水曜日

子どもの歯科矯正治療


ゲスト/宇治矯正歯科クリニック 宇治 正光 院長

子どもの矯正治療について教えてください。
 お子さんの歯並びに矯正が必要かどうか迷う人も多いのではないでしょうか。歯並びを確かめる方法の一つとして、お子さんの口元を顔の正面から観察してみてください。上下の前歯の真ん中の位置が一致していれば安心ですが、ずれている場合は、矯正の必要があると考えられます。出っ歯や受け口など、上下の顎が前後に大き過ぎたり小さ過ぎたりという骨格的な問題は、一般の方でも気付きやすいですが、左右のずれは発見しにくいものです。
 前後あるいは左右にずれが認められる場合は、顎骨(がっこつ)の成長コントロールが可能な9〜11歳までに矯正治療を行うのが理想的です。就寝時にバイオネーターと呼ばれる機能的顎(がく)矯正装置を装着し、寝ている間にずれた顎の骨を中央に移動させます。子どもの成長の力を利用して、無理なく自然にバランスのよい骨格をつくれます。痛みはほとんどなく、日中は装着の必要がありません。ずれの程度にもよりますが、装着期間は半年〜1年が平均で、経過観察のための通院は、1〜3カ月に一度が目安となります。
 ずれの原因はさまざまですが、歯そのものがずれているケースもあり、永久歯がはえそろってからでも治療は可能です。その場合、抜歯する可能性は高くなりますが、きれいに治療できるケースがほとんどです。矯正治療をいつ始めるべきかという判断は非常に難しいので、一度専門医にご相談ください。

家庭でチェックするための別の方法はありますか。
 頬づえやかみ癖、就寝時の姿勢が左右どちらかに大幅に偏っている場合などは、左右のずれを引き起こす原因になることがあります。上下の前歯の位置を確認したら、次は鼻の先端を基準に、鼻の中央に前歯の中心が沿っているかを見てください。ずれの原因は一見して分かるものではなく、万が一、骨格のずれを歯のずれと勘違いして放っておくと、矯正に最適な成長時期を逃してしまうので注意が必要です。
 子どものうちの悪い歯並びやかみ合わせを放置していると、成長に伴い虫歯や歯周病の原因となったり、顎関節にも悪影響を及ぼす恐れがあります。また、大人になってから心理的なストレスの原因となる場合もあります。少しでもおかしいと感じたら、早めに専門医に相談することをお勧めします。

2016年5月6日金曜日

最新の糖尿病治療


ゲスト/医療法人社団 青木内科クリニック 青木 伸 院長

最新の糖尿病治療薬について教えてください
 糖尿病治療薬の最近の進歩は目覚ましいものがあります。飲み薬では、高血糖の時にだけ、すい臓からインスリンを分泌させ、正常血糖へ下げる「DPP-4阻害薬」があります。この薬は、理論的には低血糖を起こさず治療できる新薬で、糖尿病の平均血糖の指標であるHbA1c値を1.0%前後下げます。この薬と同じ系統の注射薬も登場し、「GLP-1受容体作動薬」と呼ばれています。この注射薬はHbA1c値を1.6%前後下げます。1日1回の注射が必要ですが、現在は1週間に1回で済む注射薬も出ました。この系統の注射薬は、すい臓のインスリンを出す細胞を保護し、インスリンの分泌を弱らせない作用も持ち合わせているといわれています。従来まで体重を減少させる糖尿病薬がありませんでしたが、「SGLT-2阻害薬」が登場し、この薬剤は血糖を下げると同時に体重を減らします。最近の研究データによる結果では、この種の薬剤は、心血管系の動脈硬化症の出現を抑える働きも持ち合わせていることが判明してきています。
 一方、インスリン注射に目を向けると、「持効型インスリン(1回の注射で24時間効果を持続する長時間作用型インスリン)」があります。飲み薬の治療が効かなくなる症例でも、飲み薬をそのまま服用しながら、1日1回の持効型インスリンの注射を加えると血糖が改善する症例もあります。「混合型インスリン」は従来まで濁った製剤でしたが、透明な製剤が登場し、10回以上振って混合しなくても済むようになりました。

糖尿病の治療について教えてください。
 糖尿病の治療状況が良好といえる目安は、HbA1cが7.0%以下になっている場合です。糖尿病の患者さんの約半数が、高血圧と脂質異常症(高脂血症)を合併しているといわれています。糖尿病を合併した高血圧の治療はとても重要で、血圧の治療目標値は125/75mmHg以下です。自宅で測定できる血圧針を治療に役立てる方法もあります。この場合使用する測定器は、指先や手首に巻くタイプのものではなく、上腕に巻くタイプのものをお勧めします。脂質異常症の治療目標値は、LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が120mg/dl以下です。以上のようなさまざまな基準値を長期間保てば、眼底出血(失明)、腎臓の悪化(透析)、足の潰瘍・壊疽(えそ)による足の切断など、糖尿病に由来する重症の合併症にならなくて済みます。それ以外にも脳梗塞、心筋梗塞などの予防にもつながります。