2007年12月26日水曜日

「リンゴ型肥満と動脈硬化」について

ゲスト/青木内科クリニック 青木 伸 医師

リンゴ型肥満について教えてください。

日本人は欧米人に比べ極端な肥満の人は少ないですが、いわゆる小太り程度の人が多いようです。肥満には2種類あり、一つは女性に多く見られる、皮下脂肪が増える下半身肥満で「洋ナシ型」肥満と呼ばれます。このタイプの肥満は、病気とあまり関係ありません。もう一つが男性に多くみられる、内臓に脂肪が増える「リンゴ型」肥満です。リンゴ型肥満は病気の発症と深い関係があります。このタイプの肥満かどうかは、おへその高さでウエスト周囲を測れば分かります。男性は85cm以上、女性は90cm以上あれば、リンゴ型肥満の疑いがあります。リンゴ型肥満の人が、高血糖、高血圧、高脂血症を重複して伴っていると、健康な人に比べて動脈硬化性疾患(しっかん)の発症リスクが約30倍になるという報告もあります。この病状はメタボリック・シンドロームとして、医学界をはじめ各方面から注目されています。

動脈硬化症の予防方法について教えてください。

がんを除く日本人の死因の多くを占めているのが、脳血管疾患と心疾患です。その大きな原因となるのが動脈硬化症です。動脈硬化症になるハイリスク因子として、肥満が挙げられます。  動脈硬化症の予防として、まず心掛けるのが肥満の解消です。特にリンゴ型肥満の場合はやせることが重要です。リンゴ型肥満は、洋ナシ型肥満に比べ、食事と運動によって、やせる効果が出やすいのが特徴です。食事は野菜、魚を中心に、薄味にします。一駅分歩くなど、日常的に体を動かすように努めることも大切です。肥満に合併しやすい高血糖、高血圧、高脂血症も、減量によって改善しやすくなります。これらの病気には薬物治療が必要なこともありますので、まずは専門医に相談しましょう。  コントロールがうまくいっているかどうかは、基準値があるので参考にするとよいでしょう。過去1~2カ月間の平均血糖値を表すHbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)の正常値は5.8%以下ですが、糖尿病がある場合は、HbA1cが6.5%以下、血圧は130/80mmHg以下、総コレステロールは200mg/dl以下、中性脂肪は150mg/dl以下にしておくと動脈硬化の予防になります。