2005年12月28日水曜日

「高血圧症」について

ゲスト/秀愛会内科・消化器科クリニック 高梨 良秀 医師

高血圧症について教えてください。

 血圧はさまざまな要因で変動するものです。病院の外来で測ると、高くて驚いたという経験のある人も多いことと思います。外出先であることや、医師や看護師の前で緊張してしまい、普段より血圧が高くなるのは当然です。正確な血圧を知るためには、家庭での血圧測定が必要です。家庭用血圧計の中では、指先や前腕部で測定するタイプのものより、上腕部で測定するものがより正確です。決まった時間に毎日2~3回測定し、その中間の値をとり、測定前の30~15分は安静にします。測定値は記録し、治療計画の判断材料として、かかりつけの医師に見せます。さらに正確な血圧を計る24時間血圧計もあります。1日を通して血圧の変動をモニターするので、時間ごとの薬の効果などを詳しく知ることができます。特に明け方は薬効が切れ、血圧が高くなりやすいので、一度は24時間計測してもらうと安心です。

適正な血圧値と治療、注意点を教えてください。

 以前は収縮期血圧(最大血圧)150ミリメートルHg、拡張期血圧(最小血圧)90ミリメートルHg以下であれば良いとされてきましたが、現在は、成人で最大血圧140ミリメートルHg、最小血圧90ミリメートルHg以下にすべきとされています。最大・最小血圧のどちらかが正常値より高ければ、高血圧と判断されます。頭が重いなど自覚症状がある場合もありますが、症状がないまま高血圧が進行している人も多いです。高血圧の人は、高脂血症や糖尿病などにもなりやすく、さまざまな生活習慣病の要因となります。血管や心臓に負担がかかり、動脈硬化が進行し、脳出血、脳梗塞(こうそく)、心筋梗塞、腎不全など重大な合併症を引き起こす可能性があります。高血圧であると診断されたら、医師の指示に従って薬の服用を続けてください。最近はいろいろなタイプの薬品が開発され、症状や生活習慣に合った薬が処方されます。
 日常生活では、塩分を控えた和食中心の食生活を心掛け、ストレスをため込まず、適度な運動を長く続けることが大切です。冬は、特に温度差が大きいことによって、一気に血圧が変動します。寝室と廊下やトイレ、脱衣所と浴室などの温度差を少なくしたり、外出するときは暖かい服装をするなどしましょう。