2005年8月24日水曜日

「胃ポリープ」について

ゲスト/やまうち内科クリニック 山内 雅夫 医師

胃ポリープについて教えてください。

 胃ポリープとは胃内腔(ないくう)へ突出した隆起性病変の総称ですが、通常はがんを除いたものをいい、胃底線ポリープ、過形成ポリープ、胃腺腫の3種類に分類されます。
 胃底線ポリープは、胃の上部(食道側)から中部に見られる表面が平滑な小さな半球状のポリープで、正常な周囲の胃粘膜と同じ色調です。胃酸などを分泌する胃底線が増殖したもので、しばしば多発しますが、がん化することはありません。
 過形成ポリープは、半球または球形で、茎を有するものも見られます。赤色で、ときにはイチゴ状になることもあります。直径10mm以下のものが多いのですが、大きなもの、特に20mm以上のものになるとびらん、出血を伴い、まれにがん化していることがあります。
 胃腺腫はやや白っぽい扁平(へんぺい)隆起で、良性とがんの境界領域の病変です。大きいものでは腺腫の
一部ががん化していることがあり、注意が必要です。
 胃ポリープに特有の症状はありませんが、過形成ポリープと胃腺腫は、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染による萎縮(いしゅく)性胃炎を有する胃粘膜にできるので、萎縮性胃炎の症状すなわち胃部不快感、腹満感などを伴うことがあります。萎縮性胃炎は、粘膜が薄くなり胃腺が働かなくなって粘膜が萎縮する疾患です。

胃ポリープの検査、治療について教えてください。

 胃内視鏡検査を行い、ポリープなどの病変の一部を採取することを生検といい、病変の全体を電気的に焼き切って採取することを内視鏡的ポリープ切除術(内視鏡的胃粘膜切除術)といいます。これらによって得られた検体を顕微鏡的に検索することによって、病変部の正確な診断が可能となります。一般的にはまず生検が行われ、その結果がんである、あるいはがんが疑わしいと診断された場合に、治療の意味合いも兼ねて内視鏡的ポリープ切除術が行われます。大きな過形成ポリープ、あるいは胃腺腫ではがん化の可能性がありますので、内視鏡的ポリープ切除術が望ましいと考えられています。胃ポリープに対し、薬物治療は通常行われていません。